輸入車のオールインワンショップREALTRADING 新車中古車販売・買取 車検整備鈑金 パーツ部品販売 東京・埼玉

MENU

保険・補償について/レンタカー

レンタカーのレンタル料には保険・補償制度が含まれています。

内容についてご確認ください。

下記の自動車任意保険は、契約時に自動的に加入となります。(保険料はレンタル料金に含まれています) 万が一の事故の場合、下記補償限度額の範囲で補償いたします。ただし、弊社貸渡約款に違反する事故および、損害保険会社保険約款の免責事故に該当する事故、警察の事故証明が取得できない場合の損害責任はすべてお客様のご負担となります。
※ 万が一事故を起こしてしまったら次の3点を必ず行ってください。1.負傷者がいる場合救護処置 2.警察への連絡 3.弊社への連絡
また、事故が発生した時点でレンタル契約は終了となります。レンタル時間が残っていてもお支払いいただいたレンタル料金はご返金できませんので、予めご了承ください。
※保険を利用する事故が発生した場合は運転者様で加入している自動車任意保険の他車運転特約を優先し使用させていただきます。

保険・補償の内容について

弊社の車両には、「シートベルト着用」を条件として下記の保険補償が付いています。

対人

1名限度額無制限(自賠責保険含む)

対物

1事故限度額無制限(免責額:10万円)

車両

1事故限度額時価(免責額:10万円)

人身傷害

1名につき 1,000 万円まで*
* 搭乗者の自動車事故によるケガ(後遺障害を含みます)及び死亡につき、運転者の過失割合に関わらず、
損害額を補償いたします(限度額1,000万円:損害認定額認定は保険約款に基づき保険会社が実施)。

ロードサービス

1. 対応車両について全車両
2. 車両搬送サービスについて1回の事故等について15万円(税込)を上限に補償します。
15万円を超える部分については、お客様のご負担となります。
搬送先は当社の指定する工場先等になります。
3. 緊急時応急対応サービスご契約のお車が、故障やバッテリー上がり等の車両自体に
生じたトラブルにより走行が出来なくなった場合に、
30分程度で対応可能な応急対応を行います。
但し、サービスが適用されない作業等、又は補償の
範囲を超えた部分についてはお客様のご負担となります。
                          

緊急時応急対応サービスの内容

バッテリー等
バッテリーのジャンピング
各種バルブ、ヒューズの取替え
30分程度で可能な応急対応
冷却水の補充
ガス欠※1
道路上でガス欠になった際の燃料配達サービス(ガソリンまたは軽油10リットル)○※3
道路上で電欠になった際、充電可能な場所までの搬送サービス○※3
カギ
インロック時のカギ開け(一般シリンダー錠)※2
タイヤ
スペアタイヤとの交換作業
注)スペアタイヤを装備していない車両が、パンクした際はパンク修理キットを使用せずに最寄りのガソリンスタンド等へ車両を搬送します。その場合の搬送費は無償です。
脱輪及び車両引き上げ(1m以内)
損傷タイヤの修理代またはタイヤ代 実費

※1 ガス欠とは燃料切れによりエンジンが掛からない状態
※2 レンタカー貸渡証で本人確認が出来る方のみ対応可能
・ 貸渡証に記載されている運転者名と運転免許証の氏名が同一と確認できた場合
・ 貸渡証に記載されている借受人名称の法人名と同一の名刺、社員証の提示及び、運転免許証で本人確認できた場合
※3 1レンタル1回限り対応可能
※一定の条件にあてはまらない場合は、お客様のご負担となります。
※上記以外のサービスを受けられた場合は現地でのご清算となります。
※免責額とは対物補償、車両補償の補償金額のうち、お客様にご負担していただく金額のことです。

ロードサービスの一部は弊社が締結する損害保険のサービスを使用できます。

但し、補償額を越えたもの、免責金額及び保険約款の免責事項に該当する事故、貸渡約款に違反する事故及び使用による損害は、原則お客様のご負担となります。

保険・補償制度が適用できないケース

1.事故時に警察及び当社への連絡など所定の手続きが無かった場合
2.貸渡約款に違反している場合

▼ 迷惑(違法)駐車に起因した損害
▼ 飲酒及び酒気帯び並びに薬物使用運転
▼ 無断延長・契約書記載の運転者以外の運転・又貸し
▼ 無免許運転
 (運転免許停止期間中や運転できる自動車の種類に違反している場合を含む)
▼ 無断で示談した場合
▼ 各種テスト・競技に使用し、又は他車のけん引・後押しに使用した場合
▼ 故意の事故
▼ ホイールキャップの紛失・鍵の紛失などの破損
▼ お客様の所有、使用、管理する財物の損害
▼ 天災(地震、津波などによって生じた損害)等、使用・管理上の落ち度があった場合
▼ キーをつけたまま、又は施錠しないで駐車し盗難にあった場合
▼ 使用方法が劣悪なために生じた車体等の損傷や腐食の補修費
▼ 車内装備の汚損・ 装備品の紛失及び破損
▼ タイヤチェーン・キャリア・チャイルドシートの取付及び、装着不備による損害
▼ 海岸、河川敷又は林間等車道以外で走行した場合の車両損害
 (維持・管理された道路以外での事故)
▼ 給油時の燃料種別の間違いにより生じた補修費
▼その他レンタル(貸渡約款)・保険約款の免責事項に該当する事故
※上記、保険・補償制度が適用されない損害、又補償の限度額を超えた損害については、お客様の実費負担となります。
※相手不明の当て逃げ・車上荒らしによる損害について補償制度の適用を受ける為には、警察への届出が必要です。

免責補償制度(CDW)について

保険補償使用時の免責額が免除される制度(特約事項/免責補償制度)です。

レンタル料金には含まれませんが万が一に備えて、加入を必須とさせていただきます。

免責補償料2,200円/1日

「駐車場で隣の車両のドアを傷つけてしまった」「バックの際、柱とぶつかりバンパーが凹んでしまった」たとえ、小さなキズ・ヘコミが自分の車両、又は相手の車両(対象物)に発生した場合でも、事故手続きが必要になります。
※事故が発生した場合、キズ・ヘコミの大小や相手の有無にかかわらず警察及び当社への届出が必要になります。
※警察及び当社への届出など所定の手続きがなかった場合、保険・補償制度が適用されません。
※お客さまからいただいたお電話は、内容を正確に把握するため通話を録音させていただくことがあります。なお、個人情報の取り扱いについては、プライバシーポリシーに従うものといたします。

下記のような交通違反が原因で事故が発生した場合、免責補償制度の適用を受けられません。

・「シートベルト着用」を怠っている事故の場合。
・スピードの出しすぎで制限速度を越えたと実証された事故の場合
・追越し禁止車線で黄色いセンターラインを越えて起こした事故をの場合
・信号無視で起こした事故の場合
・一時停止を怠って起こした事故の場合
・右折禁止、Uターン禁止などで起こした事故の場合

ノンオペレーションチャージ(NOC)について

万が一弊社の責任によらない事故・盗難・故障・汚損等が発生し、車両の修理・清掃等が必要になった場合、その期間中の「営業補償」の一部として下記金額をご負担いただきます。
(車内装備の損害、シートの焦げ穴等もNOCの対象となります。)
営業補償(NOC)は、事故が起こった場合に適応される保険補償制度の免責額(お客様負担)とは異なります。
免責補償制度にご加入いただいている場合でも、ご負担頂きますので予めご了承ください。

①営業所までレンタカーを返還した場合 (自走可能)5万円
②営業所までレンタカーを返還できない場合 (自走不可能)10万円

下記のような事例が原因で発生した 事故の場合、免責補償制度の適用がありません。

・上記②の場合、別途レッカー代等の車輌移送費用(弊社指定工場まで)は、お客様負担です。
・タイヤのパンク及びバースト、ホイールキャップの紛失、アンテナの損傷、車内装備の損害などはお客様負担です。

お問合せ TEL 04-2960-6405 営業時間10:00~19:00 日・祝・第三土曜定休

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。