コンテンツへスキップ

ガラスコーティングの違い

  • by

こんにちは。
今日は豆知識をとっても久々に投稿させて頂きます。

代車のコーティング施工をしましたので、違いをお伝えできればと思い書かせて頂いております✦
運転席側と、助手席側を半分に分けて異なる種類のガラスコーティングを施工しました。

どのように違うのか、また施工後はどのような違いが表れるのか!

運転席側は「撥水」、助手席側は「疎水」のコーティングを施工しました。
疎水側は何も施工していないようにも見えますが、しっかり施工済み!!!
ボディの色が濃いのでとっても違いが分かりやすい!

一番主流なのが撥水なのではないかと思いますが、今は疎水や、親水等様々なコーティングの種類があります。
ボディの色や、使用頻度、洗車頻度、駐車環境等で、そのお車に合ったコーティング選びが重要かと思います。

今回施工したのは、トヨタルミオン!
色が濃いとウォータースポットが出来やすかったり、汚れが焼き付きやすい、、、(汗)
そんな時に、助手席側に施工した「疎水」がオススメ☺

水がビターとなるので、ウォータースポットや汚れが焼き付きにくいのが特徴です。
※全く焼き付かない、汚れない訳ではありません。撥水と比較すると付着しにくいのが特徴です。

ちなみにトップの写真の白いお車!
こちらは、ボディが白で毎日動かされるお車の為撥水コーティングを施工しております。

濃い色のお車のコーティングや汚れの付着でお悩みの方は、疎水コーティングを一度お試し下さい★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。