輸入車のオールインワンショップREALTRADING 新車中古車販売・買取 車検整備鈑金 パーツ部品販売 東京・埼玉

MENU

工数とレバレート=工賃

作業も費用も透明化します。

seibi4

整備でお預かりしているお車には、交換部品の状態を写真付きでご確認いただけるよう、ホームページ内のブログでできる限り進捗をご報告していきます。また工賃ですが以下のように明確な指針をもって公平にご対応しています。しっかりした作業のため、必要最低限はございますが出来る限りコストパフォーマンスに優れたプロフェッショナルな作業に務めてまいります。

まず、ご理解いただきたいのは、できるだけ低コストの整備作業のご提供に努めています。関連部品をすべて新品に交換するのではなく、再利用できる部品に関しては、清掃・調整を行います。(その後問題があれば追加交換を行います。)例えば、オイル交換時にフィルター・ドレンボルト・Oリングを必ず交換していません。もちろん使用に耐えられない状況なら許可をいただき交換させていただきます。

気になる工賃も具現化。工数×レバレート+部品代+α=整備費用

わかりやすいため国産車のケースも踏まえてご説明します。
工賃は3つの要素で構成されています。

【時間工数】自動車メーカーが指定する標準作業点数

国産車は整備振興会が発表する各自動車メーカーの標準作業点数(時間工数)から算出しています。

輸入車の中で欧州車(ベンツ・BMW・ミニ・VW・アウディ・ポルシェ・ボルボなど)はボッシュ製の標準作業点数を使用しています。

輸入車の中で北米車(シボレーキャデラック・フォード・リンカーン・クライスラー・ジープ・ダッジなど)で広く使用されるミッチェル製の標準作業点数 を使用しています。

【レバレート】整備工場が独自に決める1時間あたりの工賃の金額です。

企業ごとに異なりますが、参考までに現在の国産ディーラーは8000円前後。輸入車ディーラーは小型車10000~大型車18000円前後がよく聞く金額であると考えます。 (某欧州車ディーラーでは5分単位で1050円~とか。現在はCPで内容を選ぶと自動算出されます。)
ただし、このレバレートはお店ごとに違うものなのであくまでご参考としてください。

【プラスα要素】現車の状態による追加工賃の金額です。

まずは、現車の状態により追加工数が発生する場合があります。経過年数やパーツの状態(脆い・錆・固着など)により、同工数でも時間が数倍掛かるからです。新車に近いお車と10年使用したお車のさらに状態により異なるわけです。
また、整備を行う上で後付け製品を脱着するなども追加工賃が必要な場合があります。状態によっては2割ほどプラスされるケースもあるでしょう。
更には、個々の工場の規定により追加される項目も存在します。ショートパーツ代や廃棄処分費などお店によりまちまちです。
最後に近年一般的となっている持ち込み取付けです。部品の差益もお店にとって大切な収益です。バッテリーなどで考えて頂ければわかるかと思いますが。総額の殆どが部品代です。(工賃は国産であれば540円程度)当然工賃と廃バッテリー費用はしっかりとられると考えます。

私たちの工数とレバーレート

弊社はレバーレートは国産6200~7300・北米・欧州9900~11000/円税別で行っています。

日々のメンテナンスや車検をいただいている常連様にはお車の状態把握が出来ているという理由により上記のレートもしくは工数をより安めに設定することがあります。
上記にあるように車の年式やモデルや状態により変動します。例えばベンツのAクラスとSクラスが同一作業を行った場合ではレバレートが同じはずがないことはご理解いただけるでしょう。
私たちのレバーレートはお車ごとに若干の差があるため~表示となっています。

重複する時間工数は割引き対象となります。

重複作業の工数は割引きされます。わかりやすく例として、ドライブベルト・テンショナー・アイドラプーリーやブレーキパッドとローターなどです。重複部分の工数は差し引いて計算しています。
また、やりなれた作業の場合、工数から割引きで行うケースあります。例えばショックアブソーバーなどは工数以下で行っています。

輸入車の記載のない作業は、最低工賃2000円税別~となります。
その他の特殊項目として

すべての作業に車両保管+廃棄処分+事務手数料という名目で5%いただいております。ただしご安心ください、お支払いが現金の場合、すべてお値引き対象となりご請求していません。
必要作業時にショートパーツという名目で一律2000円税別をいただいております。パーツクリーナー・潤滑剤・特殊ボンドを代表する油脂類から、配線・端子・両面テープなどの備品を使用した場合となっております。

ネット上で比較すると大したことがないように見えるスペックですが、トータル金額は余分なものがない分、作業クオリティーも含めて他社に負けない相対的なコストパフォーマンスに優れていると確信しています。
そして、その根拠になっているのはお客様からの声にほかなりません。

工賃は明確でも作業前の見積もりは殆どは概算です。

弊社では上記の計算式を使用して整備費用をご請求しています。ところが目安通りにならないことがほとんどなのです。
例えば、
オイル交換時にフィルター・ドレンボルト・Oリングは必要に応じて交換しています。
つまり、お問合せでオイル交換おいくらですかと聞かれれば、
お問合時/輸入車用オイル1000/1L×6+1400/工賃=税別7400となります。
実際/ オイル1000/1L×6+1400+1000/フィルタ+500/工賃+1000/ドレン・ワッシャー=税別9900となります。
もちろん使用に耐えられない状況の時だけ許可をいただき交換するという事です。
上記の例のように、できるなら毎回交換するのが間違いありませんが、使用に問題がないものを交換するのは時代に合っていないやり方となっているため、個々の工場や整備士の判断にゆだねられるわけです。
また、交換や工賃が発生した作業の後で不良個所を見つけることもあります。トラブルシューティングなら直されです。
お問合せの段階で、概算でない正式なお見積はできないという事をご理解いただければ幸いです。
合わせてこちらもご確認ください。

お問合せ TEL 04-2960-6405 営業時間10:00~19:00 日・祝・第三土曜定休

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。