百聞は一見に如かず!驚きの高性能・超耐久!次世代のガラスコーティング

普段よりお世話になっています、自動車のSHOWで十年以上出店を続ける某有名ショップ様より
ご紹介いただいたスゴイ製品のお話です。とにかくこちらの動画をご覧ください。

種も仕掛けもありません。このぐらいの勢いでたたくと、高級な保護カバーは割れたり割けたりつぶれたりします。
試しにたたいたら下記の写真のように・・・。
(写真同様にハンマーをひっくり返して動画のようにたたいたら、針で刺したような傷はできましたが割れることはありませんでした。)

もちろん、スマホ用の保護用にも使用できますが、メガネ(後でやっていただきました。)や
車のガラスやボディにも使用できるとのことです。

例えばメガネですが、

キズが付きにくくなるのはもちろん、透過率が平均して8%ほど上向きに改善されるそうです。

 

車の場合。施工して2カ月が経過した状態です

水はのは弾き方はご覧の通りです。一度もメンテナンスはしていないそうです。
更に飛び石や擦りキズに効果があり、更に紫外線にも強いのでライトやボディのクリアが
黄ばんできたりする劣化や、赤や黄などの色抜けにも効果が期待できます。
3年ぐらいは現状を維持できるとのことです。

施工にはコツがいりそうで、特にコーティングする薬剤は水と反応して硬化するため薬剤としての販売は少し難しそうです。

メリットとデメリットを纏めると、

1.コーティングだけど施工後の表面硬度が優れていること
2.透明なものは透過率向上が期待できること
3.紫外線に強いこと
4.水に強いこと
5.特許を取得していること
6.費用対効果が高いこと
7.自動車などの塗膜を傷めないこと
8.自動車の塗装のようにコンパウンドで磨くと落とすことができること

などがこの次世代コーティングのメリットのようです。

反対にデメリットとしては、
1.水と反応して硬化してしまうこと
2.施工が難しいこと
3.薬剤の管理がめんどくさいこと
ぐらいになります。

コストパフォーマンスのお話ですが、
スマホの保護フィルムは高価なもので4千円程度します。(じつは私のがそうでした。)
高級感がありガラスのような質感でした。スマホ本体の画面は守られましたが保護ガラスは
バリバリで今後どうしようかと悩んでいました。(今回施工していただいたので一安心です。)
また、弊社の販売車両に飛び石やキズ防止用のプロテクションフィルムを施工しています。
ラッピングを丸々自動車1台施工すると、50万以上くだらないでしょう。
現在、販売時に行うポリマーも最上級のものは30万程度かかります。
こうやって考えると安価であるが優れたサービスといえるでしょう。

気になるお値段は?

スマホやiPhoneやメガネなどで4~5000円(税別)程度
車一台分小型車200000円(税別)~ ※コーティング施工のみ

あくまでコーティングなのでモノに対する表面の部分に対する効果です。
スマホなんかもサイドの樹脂部分から画面に亀裂が入れることはあるそうです。
動画のように自動車のボディをたたけば、鉄やアルミなどはもちろん変形しますので
お間違いのない様に。
それでもいいものを長く使用するための保護としては中々優れているコーティングといえるでしょう。

是非、気になる方はお問合せ下さい。