内装とボディペイントのレストアと機関良好の1966年モデル マスタングクーペのご紹介です。※メーターは2400マイルですが、記録がないため走行は不明となります。
車両コンディションは車検が令和2年9月まであるように、現状でも問題なく使用できる状態に仕上がっています。また、年代を考えるとオリジナル部分の程度は珍しく良い状態といえるでしょう。現時点ではコストのかかる内装と外装が手直しされています。しかしながら、博物館などの保存用のコンディションにはまだまだ手を入れるところがあるそんな状態となります。
確認できている、オリジナルデザインと大きく違うところは、マフラー・車高・タイヤホイール・ボンネットオーナメントといったところでしょう。FORD純正キャブは快調で始動・アイドリング・走行ともキャブ車の中でも良好なエンジンに仕上がっています。

現在現車に使用しているパーツ類がオリジナルかリプロか社外かは確認できていません。 また、エアコンキットは1966年マスタング用を新規で取付してご案内します。特に窓枠に関連するアルマイトやメッキパーツに若干の点錆び等ありますが、交換部品もご用意可能なので気になる方にはご対応可能です。

自信を持ってお勧めできる、ベース車両が手に入りましたので、トランク内・ENGルームの加修やENG内の配線等の整理、メッキパーツの磨きや交換まで今後レストアメニューを考えて仕上げていきます。
車両本体価格—万円税込み

1966年マスタングの追加レストア作業6

現在、エアコン取付中ですが、北米手違いで ...
続きを読む

1966年マスタングの追加レストア作業5

大変お待たせしております。概ね作業が完了 ...
続きを読む

1966年マスタングの追加レストア作業4

マスタングの続きです。トランクの色とクリ ...
続きを読む

1966年マスタングの追加レストア作業3

マスタングの続きです。いよいよトランクの ...
続きを読む

1966年マスタングの追加レストア作業2

少し間が空きましたが、部品調達に時間がか ...
続きを読む

1966年マスタングの追加レストア作業

現在ほぼご成約いただいているマスタングの ...
続きを読む