ハイエンドスポーツモデルの開発拠点であるAudi Sport GmbHが手がけたAudi A4シリーズのトップモデル「RS4アバント」が昨日納車されましたのでご紹介します。
2.9L V6ツインターボエンジンを搭載し、8速ティプトロニックトランスミッションとquattroフルタイム4WDシステム搭載。パワートレインは最高出力331kW(450馬力)、最大トルク600Nmを発揮。燃費は11.2km/L(JC08モード)。

エクステリアデザインは、RSモデル専用のシングルフレームグリルや大型のエアインレット、専用バンパー、リヤディフューザーがスポーティさを強調。ブリスターフェンダーも「RS4アバント」の特徴で、標準モデルの「A4アバント」に比べて全幅は25mm拡大されている。

インテリアは水平基調のデザインで、ファインナッパレザーのSスポーツシートをはじめ、フラットボトムのRS革巻きマルチファンクション スポーツステアリングホイール、RS専用のシフトゲート、イルミネーション付きドアシルトリムなど採用。メーターパネルには、12.3インチのTFT(液晶)ディスプレイにスピードメーターやタコメーターだけでなく、ナビゲーションシステムをはじめ、Gフォース、トルク値などの情報も表示できるアウディバーチャルコックピットを標準装備。
Audi connectは、インターネットと常時接続することで、ニュース、天気予報、駐車場検索、空港のフライトインフォメーション、ガソリンスタンドを距離順や価格順に表示する等の情報を提供。また24時間365日、専任オペレーターを介して施設検索や予約手配が可能なコンシェルジュサービスであるAudi connect Navigatorも利用可能。また、アウディプレセンスシティ(歩行者検知機能付自動ブレーキ)をはじめとする数々の最新安全技術とアシスタンスシステムも搭載している。左右ハンドルの設定 (GOOカタログ参照)

そのままサーキットに持ち込めるほど、加速・コーナー・ブレーキ共に優れたメーカーの創るチューンドカーです。現在、入手困難なプレミアムモデルをご紹介しました。