新年一番のお仕事をいただきましたのは、H様のリンカーンナビゲーター車検です。

本日は国産もあわせ入庫が4台あり、内2台が車検でした。

早速点検に取り掛かります。

概ねお車は良いコンディションを保っていました。

ENG・FrとRrデフ・ブレーキなど油脂類は交換させていただきます。

LLCは劣化が見られず問題なさそうなので点検にて終了です。

また、ATは05yモデルからメンテフリー的なBMWでよくある交換不要のような

ミッションを採用しているため今回は作業はおこなわない予定です。

(念のため、明日お客様に変速ショックについて確認しようと思います。)

ちなみに交換が必要と判断された場合、オイルパンASSYでの交換となるため高額な修理となります。

ATFは潤滑でなく作動油のため作業で異物混入を嫌ったり新しいフルードでシール類にダメージを与える恐れがあるようで、

メーカーがそれを嫌ったのでしょう。

さて、バッテリーもCCA点検合格、各種ブーツやブッシュ類もOKです。

ブレーキも前後共に7~7.5mm程残量がありました。

そんな中で3点ほど気になることがありました。1つ目ですが

写真ではわかりにくいですが、下回りが錆で浸食され始めているという事です。これはコスト的にも

高圧スチームで洗浄後、錆取した後、防腐コートを塗布します。

2点目は、

Frのふぇふのサイドシール部分からにじみが見られます。(このぐらいなら緊急性はありませんが。)

最後にヘッドライトが純正で、光軸(正確にはカットライン)が何をやっても車検に通らないという事です。

これは弊社の扱う純正タイプのヘッドライトで問題解決するのですが、

純正同様にHIDに変更すると工賃税込みでザット6万弱になってしまいます。

以上3点とATFの合計4点を明日H様にご確認を取らせていただこうと思います。

最後までご視聴ありがとうございました。