K様 ナビゲーター エンジンチェックランプ点灯しているのでテスターにて故障コードを点検してみると 6番シリンダーのイグニッションコイルが点火していないようです。

6番シリンダーなので左バンクの前から2番目です。 こちらの車両はDOHCのエンジンなのでコイルを交換するにはコイルのカバーを外します。

カバーを外すとイグニッションコイルが見えます。 コイルのカプラーを点検するとしっかりとロックされてますね。コイル自体は刺さっているだけなのでカプラーを外して引き抜きます。

ダイレクトイグニッションなので各シリンダーに1個づつ付いています。 K様が用意してくれて車に積んであった新品のコイルに付け替えました。 交換後はエンジンがスムーズに回転するようになりました。 最後にテスターで故障コードを消してロードテストして完成です。 効かなかったエアコンもしっかりと効くようになりました。 エンジンが1発死んでいてエンジンチェックランプが点灯していたのでPCMがエアコンコンプレッサーをONにしなかったのでエアコンが効かなかったのでエンジンが正常に治ったのでしっかりとエアコンも効くようになりました。

関連記事