本日は2016年最後の赤日です。

前々から作業予約をいただきましたS様の2006年フォードエクスプローラー

のフロントブレーキパッド交換を

朝一から作業を行いました。

外したブレーキパッドですが写真中央の2枚だけが酷く摩耗しています。

キャリパーのボルトの動きが幾分か渋いため、清掃とグリースで対応しました。

デルコ製のアドバンテージクラスのブレーキパットです。

5mm程度の泣き止め用面取りを行いました。

パッドの中にハードウェアキットが付属されていましたので

コチラも交換します。

 ブレーキオイルが汚れていたため、タンク内を0.2L程交換して

ブレーキは終了です。

続いて、ENGチェックランプ点灯診断ですが、

コチラは、フォード用診断機とボッシュ診断機ともに

車両と交信ができず悪戦苦闘しました。

基本的にOBDIIシステムのため簡易テスターで確認したところ

P0128のコードを確認。

これは、

クーラントレベル・冷却ファンの過度な作用・水温センサーの異常・吸気温センサーの異常

・サーモスタットの異常などが原因であると考えられます。

レベルは問題ないため、統計的に多いであろう異常として水温センサーとサーモがくさいところでありますが、

トラブルコードを消去して一先ずお車をお返しし、

年明け再度故障コード部分の修理のご依頼をいただきました。

お仕事ご依頼誠にありがとうございます。

次回入庫までに、CPが車両と通信できない理由を確認しておきます。