T様 マスタング マニュアルトランスミッション交換でご来店です。

ドレンプラグ部にクラックが入ってしまいオイル漏れしています。

今回はケースの交換ではなくミッションASSY交換にて対応します。

それではミッションを外していきます。まずはミッションに付いているカプラー類を外してプロペラシャフトを外します。

プロペラシャフトを外すとシフトリンクが出てくるのでリンクを外してしまいます。

スターターはトランスミッションに固定してあるのでこちらも取り外します。

ラムダセンサーはミッションの脱着時に邪魔になりそうなので外しちゃいます。 あとはミッションのハウジングのボルトを全部外してミッションを引っこ抜きます。

ミッション外れました。新しいのと比べて見て問題無さそうですので取り付けていきます。

今回はクラッチは再使用なのでエアブローして清掃しました。

通常ですとクラッチのレリーズフォークやベアリングが付いているのですがこちらの車両は一体型のタイプでクラッチフルードをエア抜きするブリーダープラグも付いていませんでした。 エア抜き方法を調べてみると取り付けしてからペダルを何度も踏むとエアが抜けるタイプのようです。

ATのようにそんなに重くはないので1人でジャッキに載せて取り付け出来ました。 クラッチペダルを何度も(100回ぐらい)蹴っていくとエアが抜けてクラッチが切れるようになりました。 明日ロードテストをして最終チェックしていきます。

関連記事