シボレーアストロのクーラント交換ですが、

元々はエンジン不動で燃料ポンプの交換で入庫しましたが、遠乗りするので簡易点検をしてみるとこちら。

水回りが凄いことに・・・。約2時間水で洗って新しいクーラント(年式的にデキシクールオレンジ)を約9~10L入替しました。

まず、デキシクールとは日本のスーパークーラントとほぼ成分は同じか上位互換で、50%希釈仕様のためスーパークーラントよりも

安価なのも魅力です。そもそも緑や赤のクーラントは不凍液なのですがデキシやSクーラントは主にロングライフ・防腐・消泡作用などの

効果をプラスしたものです。

次に、この錆びた状態を続けるとつまりが起こる可能性があります。ラジエター・ヒーターコアなどです。また、内圧を保つキャップ・サーモスタット・ヒーターバルブなどの固着による作動不良。ウォーターポンプやインマニや各部のシールなどの破損も可能性があります。

最後に、今回は問題ありませんでしたが、錆などの内容物が目つまりを起こして漏れをふさいでいるケースもあります。

フラッシングなどの急な洗浄の結果、クーラント漏れも起こる可能性が高いのも事実です。

 

車検時にしっかり点検してもらってください。