S様シボレーサバーバンがSES点灯で入庫です。

購入して間もないため車両プロフィールが分らないとの事で

O2センサーとエアポンプの不良修理後の事です。

早速データー確認してみると、P0300単独のコードです。

 

スパークプラグまたはワイヤの不良・IGNコイル不良・O2センサーの不良・フューエルインジェクタの不良・エアポンプ廻り不良

・EGRバルブ不良・触媒不良・カムシャフトポジションセンサー不良・コンピュータの欠陥などを示しています。

O2とエアポンプは整備済みセンサー系の不良コードはないため除外。エンジンが暖気後は調子いい状況からコンピュ―ターとインジェクタは除外。カムポジションはセンサー不良コードなくエンジンが問題ないためこちらも削除します。触媒も社外ではありますが、マグナフローに変えたばかりなのでこちらも消えます。

残るは基本の点火系スパークプラグ・ワイヤ・IGNコイルと排気還元装置のEGRバルブがくさいようです。

そこでミスファイヤを確認してみると、1と3番シリンダーが異常に多いです。

また、EGRも確認してみるとそこそこカーボンがたまっています。洗浄で様子を見ます。

S様に確認してプラグとコードの交換を行い、IGNコイルは別の場所と入れ替えて様子を見て頂くことで

話がまとまりました。明日作業終了予定です。