バルブカバーのオイル漏れを修理します。

バルブカバーを外しガスケットを交換をします。

同時にオイル漏れで劣化してしまったプラグとイグニッションコイルも交換します。

作業終了後、試乗してエンジンを暖めて診断機を使い確認します。