エンジン始動後にオイル漏れをしていたので漏れ箇所を調べるとリアシールと判明したのでリアシールを再度交換をしましたが、それでもオイル漏れが止まらず。

もう一度リアシールを外し、点検するとクランクシャフトとリアカバーに若干のクリアランスの差がある事が解りました。

リアカバーは交換をしていないので新品に替えました。取り付けの際にオイルパンが付いていると位置の微調整が出来ないので一度外し、リアカバーのクリアランスを合わせて取り付けました。

交換後、エンジンを始動し漏れの確認!!オイル漏れは止まりなりました!

エンジンが焼き付いたときに歪みが出来ていた為、リアシールがズレてしまいオイル漏れが起きていました。

作業終了いたしました!!大変お待たせいたしました。

作業中、勉強になる事が多くありました。今回エンジンOHの作業を任せて頂きありがとうございました!