キャデラックDTS PSホース交換とヘッド抜け点検

いろいろな点検依頼をいただいていますがオイルがダダ漏れでは

エンジンかけられないし走らせられないのでパワステオイル漏れを修理します。

中央のパワステホースの亀裂から漏れています。上を緩めて

下側を外す。知恵の輪の要領でホースを抜き、正反対の要領で新品交換です。

古いホースと

新しいホースです。

スチームでオイル洗浄した後、アッパーのトルクマウントストラットを交換。

さて、サブタンクにクーラントが吹き返すという事例があったそうです。

考えられるに気密保持ができていない・ヘッドガスケットの抜け・ウォータポンプ不良・ファンモーター不良など

が考えられるでしょう。

そこで気密性確認のためテスターを組付けます。

そこそこ機密は保持できていますが、ほんの少し下がる傾向があるため、お客さんに確認して

ヘッドの抜けをテストします。

クーラント内の気体に排気ガスが含まれていると黄色くなる溶剤で点検。

色は変わらずヘッドの抜けは確認できませんでした。

テスターでの気密は誤差レベルと断定できましたので、残るラジエターキャップをテスト。

これがNGです。キャップが気密を保てないと通常110度で沸騰するクーラントが100度で

沸騰してしまい逆流する可能性があります。これは交換します。

残すはウォーターポンプですが目に見えて問題があるような状態ではなく

走行的にももう少し様子を見てもよいかと考えられます。

これで症状があさまる可能性があるので一先ず作業終了です。

今日は雨なので、明日足回りの異音を点検したいと思います。