エンジンがフレームに載ったので続いて

トランスミッションと行きたいところなのですが

降ろす時にトランスファが外れなくてトランスファ一体で

取り外しいたしました。

流石に取り付け時は重量があるので分解してから取り付けします。

かなりスプライン部が固着してました。

真っ赤で錆ついていました。

マイナスドライバーをすこしづつ挿し込み

バールでこじってやっと外れました。

外れたトランスファです。

ボルト部もかなり錆ついていました。

ここの部分のガスケットが紙なので剥がすのが大変でした。

トランスミッションが無事に合体しました。

フューエルパイプ、A/Tオイルゲージを

順番に借り留めしていきます。

エンジンが水平になりました。

INマニ類は下側パーツを組み付けてから

上部に取りかかります。

フロントパイプ(キャタライザー)を

取り付けます。

順番を間違えると組み付けが困難になるので

考えながら作業します。

マフラーフランジ部は仮留めです

トランスファ、ミッションを固定してから

本締めします。

セルモーター取り付け完了

こちらはタイヤハウスから取り外し取り付けになります。

下側にはフロントデフのマウントがあるので

セルモーターが抜けませんのでご注意ください。