カムシャフトベアリング、リア側

2か所取り付出来きました。

素材が柔らかい為取り付けには

大変気を使います。

上部の画像が旧型のベアリングです。

カムシャフトの軸受に対して

幅が狭いです。

こちらが新ベアリング(対策後)

軸受に対し同じ幅で作られています。

これが本来装着される部品なのでしょう。

ピストンをシリンダーに装着前に

カーボンを除去いたします。

結構こびり付いています。

ピストンリングコンプレッサーを使い

シリンダー内に装着いたします。

シリンダー内に収まりました。

ピストンも綺麗になりました。

上部に多少傷がありますが使用上問題ないので

このまま使用します。