A様 F-150

A/Tシャフトシールからオイル漏れしているのでオイルシールを交換していきます。

シャフトの回りの小さいオイルシールを外します。

ピックなどを使って外すのですがこれがなかなか外れません。

取り付けはオイルシールをディープソケットで押し込んで圧入しました。

追加でブレーキパットの点検のご用命なのでパット残量を点検しました。フロントパットの残量は少ないので交換したほうが良いですね。 年数も約20年経過しているのでキャリパーとホースも一緒に交換がお勧めです。

リアライニングを点検しようとタイヤを外してドラムを外そうとしたのですがホイールのセンターキャップを接着しているのか外れません・・

バックプレートに付いているカバーを外してライニングの残量を点検しました。ライニングは残量はたっぷりとありますのでまだまだ交換しなくても大丈夫ですね。

N様 アストロ 部品が入荷したので作業再開です。

コンプレッサーに入っている低圧・高圧のホースを交換するのでエンジンカバーを外していきます。 これだけスペースが出来れば交換できそうです。

こちらのホースからガス漏れしていました。

A/Tのフィラーパイプのステーにホースが擦れてしまいパイプも削れてしまっていました。 こちらは取り付け時に当たらないように加工などをして取り付けます。

関連記事