MENU

キャデラックエスカレードパーツ

パーツリストは下記リンクより弊社運営のエーカーパーツよりご確認ください

ラグジュアリーSUVの代名詞キャデラックエスカレードのパーツを豊富に在庫中。1999年登場から最高級SUVのジャンルを確立したキャデラックエスカレード。正規輸入モデルがあり現行モデルも人気があり同型プラットフォームを採用する姉妹車も多数存在する。

歴代キャデラックエスカレード詳細情報 キャデラックエスカレードパーツリストは下記リンクから

キャデラックエスカレードの歴史と概略

  • 99-00yエスカレードGMT400系99-00yエスカレード
    第一世代のエスカレード。細部が変更のみのため、高価なタホなどと呼ばれていました。
  • 03-06yエスカレードGMT800系03-06yエスカレード
    第二世代は専用設計となり日本で大ブレイクする火付けモデルとなった。ボディが3タイプ。
  • 07-14yエスカレードGMT900系07-14yエスカレード
    第三世代2007年モデルから20014年モデルまで使用された基本構造(プラットフォーム)を持つシリーズ。
  • 15y-エスカレードEXTGMTK2系15y-エスカレードEXT
    第四世代2015年から現行までのに基本構造(プラットフォーム)を持つシリーズ。
  • エスカレードのボディ形状エスカレードのボディ形状
    ベース・EXT・ESVの3タイプとグレードにより用途に合わせた選択肢が多いのも魅力の一つ。

キャデラックエスカレード主な変更の歴史

1999-2000年
GMの高級車部門キャデラック・ブランドで製造・販売している大型高級SUV。GMT400系プラットホームを使用しエクステリアの殆どがユーコンデナリと共用している。
2002-2006年
2002年からGMT800系プラットホームに変更後日本でも大ブレイクしたエスカレード。ベースモデルとは別にロングボディのESVとピックアップのEXTが追加。シボレーで例えるとサバーバンとアバランチが追加された形になる。エンジンはV8-5.3LとV8-6.0Lの設定。日本ではV8-6.0Lが主流。

2004年にはESVにプラチナムエディションが追加。保温保冷シートとボックスが付属しプレミアムインテリアが採用されている。

2007-2014年
第三世代のエスカレードにはGMT900系プラットホームが採用されエンジンはV8-6.2L6速ATとフルタイムAWDが採用される。先代から引き続きESVとEXTの設定あり。

2007年からベースモデルのみ日本精機輸入開始。

2008年にEXTを除き最上位グレードプラチナムが追加。専用インテリア・エクステリア・ホイル・レンズ・可変ショックなどが付属しました。

2009年にハイブリットモデル追加。

2012年からリアエクステリアとマフラーが変更。ボディタイプとは別に「スタンダード」・「ラグジュアリー」・「プレミアム」・「プラチナム」の4グレードが選択可能に。

2015-現行
第四世代のエスカレードにはGMTK2系プラットホームが採用される。

gmkei

そのほかのゼネラルモータース車両のパーツをお探しの方は

お問合せ TEL 04-2960-6405 営業時間10:00~19:00 日曜定休

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

関連HPリンク

国産車 車検整備 中古車販売買取 埼玉県入間市 狭山市所沢市

アメ車 パーツ 通販

欧州車 パーツ 通販

アメ車パーツ製品紹介動画

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

  • facebook
  • twitter

GOOPit掲載店・埼玉県入間市


れあるとれーでぃんぐ制作動画集

スタッフ募集・求人 2級整備士・国産車・輸入車/30万円から 埼玉県入間市・狭山市所沢市

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。